採用情報
recruit

評価制度


社員を第一と考え、完全オリジナルの評価制度を構築

現在の評価制度は2010年に代表・京和自らがオリジナルのものを作成し、これまでにブラッシュアップを重ねてきました。

具体的には、欧米でスタンダードとなっている業績評価のフレームワークを参考に、自社独自にカスタマイズ。「顧客・会社・個人」の3つの視点から、「目標・行動・成果」について評価を行っています。
また、目標管理制度を導入し、弊社の経営計画や方向性などに合致した目標・行動計画を立ててもらい、実行することで会社と個人の成長を連動させています。

評価決定については、年2回、直属のリーダー・マネジャーとの評価面談を実施。自己評価・会社評価を突き合わせて相互に議論をし、双方が納得できるプロセスとしています。

第8期からは、「リーダーシップ」を評価軸に追加し、日々の業務の結果だけでなく、主体的な社内活動への参加や個人の努力を評価する形にしています。

つねに社員を第一に考え、個人の成長と評価をしっかりリンクできる評価制度をつくり上げています。